株式会社アスア(ASUA)

水口 紳一
プロジェクト推進チーム

Shinichi Mizuguchi水口 紳一2019年入社(新卒)

PROFILE学生時代は、英語を専攻。
留学やマーケティングで学んだ経験を活かし、入社早々に新規事業の仕事に着任。
培ったスキルを武器に、積極的に仕事の幅を広げている。

水口 紳一

CHAPTER 1海外への好奇心と留学で培ったコミュニケーションスキルを活かしたい。

もともと海外志向が強く、学生時代はアメリカへ留学をして、語学とマーケティングを学んできました。
そして、就活でアスアに出逢った時は、ちょうど新しくグローバル事業という新規事業を展開しようとしているタイミングでした。
成長を続けるこの会社であれば、自分のやりたいこと、そして、自分の培ってきたスキルが活かせるんじゃないかと思いました。
土地勘の無い名古屋という場所で働くことや、新規事業を始めるタイミングということで少々不安な部分もありましたが、最終的には熱く未来のビジョンを語る社長の人柄に惹かれて入社を決めました。

水口 紳一

CHAPTER 2新卒でも任されることが多く、やりがいを感じる。

アスア自体は、物流コンサル業がメインになりますが、そのノウハウを新しい分野へ横展開し、新規事業として推し進めていくことがミッションの「プロジェクト推進チーム」に所属しています。
最近ではタイへの事業展開に関わっています。タイでは国を挙げて事故を減らしたいという想いがあり、その想いと合致するアスアのプログラムを提案して事故削減と燃費向上を推進していくプロジェクトですが、入社1か月で、この提案資料の英訳を任された時はめちゃくちゃ嬉しかったです。海外とのやりとりでアテンドを任されることも多く、とてもやりがいを感じています。

水口 紳一

CHAPTER 3目指すのは海外展開の主軸になること。

現在は上司や先輩のサポート役として動いていますが、将来的には自分がメインのプロジェクトを持って、海外を飛び回りたいです!
アスアでは、新卒中途の垣根が無く、社歴関係なく何でも言い合える空気があり、
手を挙げたらチャンスを与えてくれます。
先輩方は自分のやっていることを見ていてくれて評価してくれるのも励みになりますね。
この環境でなら、自分の夢を実現していけると感じています。

page top